<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< また明日 | main | また明日 >>
残暑
八月十三日、盆休み初日。
職場のA先輩と神戸に写真を撮りに行った。

特に目的を決めずに街を彷徨っていたら
とある交差点で初老の男性がおもむろに社会の窓を
開け放ち取り出した浅黒い息子さんの放水ショー。
「そういや台風過ぎてから今日が一番暑くね?」
と言いながら通り過ぎる。

暑くてお腹が空いたので蕎麦屋に入る。
ざるそばと親子丼のセットを頼む。
ざるそば、なんぼ更科蕎麦やと言っても真っ白すぎる麺。
冷や麦と言って出されてもわからんぐらい蕎麦の味もしない。
親子丼、食べても食べても親がいない。
「おやおや」と思わず口にするくらい困惑しながら完食。
なんだかなーっとお金を払おうと思ったけど阿藤快にはなりきれず、
「親子丼、鳥肉入って無かったんですけど」と言う。
注文を聞いたおばちゃんは「えー!親子丼ですよ!」と
厨房に確認したら玉子丼を作っていたとの事。
外に出たら、また暑くなっていた。

その後、いろいろあって帰りの電車。
甲子園球場前で入ってきた酔っぱらいのおっさん二人。
ぶつかった、あやまれ、あやまってる、あやまってない、
の言い合いで喧嘩が始まる。
明らかに、ぶつかったのかもしれない、おっさんは謝ってるのに
気が済まない、ぶつかられたのかもしれないおっさんは文句を言い続け
文句を言い続けられたおっさんはついには満員電車の中、深々と土下座。

電車を降りたら日は暮れたのにやっぱり暑かった。









 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kohkei.jugem.jp/trackback/469
TRACKBACK