<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

魔球の投げ方


写真展「魔球」ボツ写真より。
去年の十月くらいに撮った猫は高解像度で取り込んだら微妙なピンぼけでした。
けど今日同じとこを通りかかったら全く同じ位置に居た。
もうちょっとそのままで居てね。

ちなみに展示写真で微妙にピント合ってない写真は結構あります。
これはコンパクトカメラのGRで撮影している写真が多いので。
でも不思議とGRの写真はこれはこれでいい感じがするんですね。








 
無死満塁



写真展「魔球」最後の打ち合わせで作品が固まった。
当初26枚の予定から2枚増えて、計28枚。
アビィの壁びっちりのフルボリューム。
まさに満塁。勝手にノーアウト。
チャンステーマが鳴り響く。

けどこんなビッグチャンスに一点も入らんってのも
乙なもんです。
さてどうなることやら。



 
落ちはない




 

「にいちゃん、ええ時計してんな」
ホームで電車を待ってる時、前の若者に急に話しかけた爺に何かが起こりそうな予感がした。
急に知らん人に馴れ馴れしく話しかけられるって警戒するよなーと思って、
その光景を眺めてたら爺の耳たぶがあまりにも立派な福耳で神様かもと思って心の中で合掌。
電車が到着して乗り込んだ。





 
I'm fish




昨日のフィッシュマンズよかったな。
もっと聞きたかった。
佐藤くんが生きてたら
どんな音楽が鳴ってたのかな。

あとアナログフィッシュもよかった。
アナログフィッシュはまたライブ行けるし
いいよな。






 
カメラを構える姿は美しい




 
死んでもやめんじゃねえぞ





やめねえよ。
 
夏だった
















 
夏が終わりそう




気付けばもう一ヶ月を切っていてやばい。
しかし平日の昼間は何もできずもどかしく
夏が終わっては困るのである。







 
また明日



あと三日









 
サタデーナイト





フィーバーしない